今週の1冊:イラッとしない思考術

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

イラッとしない思考術

「怒りの感情」が″スッ″と消える イラッとしない思考術
安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会 代表理事)著
KKベストセラーズ/2014年12月発行


あなたは、どんなときにイラッとしますか?
たとえば、あなたの職場にうっとおしい上司や、イライラさせる部下はいませんか?
自慢話ばかりの上司、何度言っても同じミスをする部下。
彼らにどう対処すればいいのでしょうか?

そして、疲れて家に帰ると、パートナーや子どもがさらにあなたをイラッとさせ、テレビをつければ、世の中の不正にイライラ、街に出ると、手際の悪い店員、マナーの悪い人。
まったくどいつもこいつも……と、感じていませんか?

そういったあなたの怒りを我慢するのではなく、あなたの考え方を変えることにより、怒りが″スッ″と消えるとしたら……。
その考え方が書いてあるのが、この本。著者は、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」における、日本の第一人者です。

たとえば、自慢話ばかりする上司は、なぜ、そうあるのでしょうか?

それは、人には、誰かに自分を認めてほしいという欲求があるからです。
そして、認めてほしいという欲求のなかで、人から一番評価されにくいのが「存在承認」。自分が存在しているだけで認めてほしいという欲求です。
この上司は「存在承認」の欲求を、あなたに求めていて、自慢話をしているのですが、親しい友人や家族でもないあなたはイラッとするわけです。

そこで、あなたは「ああ、この人は、自分のことを認めてほしいんだな。他で、あまり認めてもらう機会がないんだろうか」などと思って相手を見れば、イライラが小さくなりませんか?

このように、日常でよくあるケースが取り上げられ、ひとつひとつに、丁寧に対処法が書かれています。

この本を読み、あなたの考え方の角度を変えれば、「怒りの感情」が小さくなり、もっと毎日が楽しくなることでしょう。

この本の別の紹介文はこちら⇒ http://angermanage.info/2014/12/400

amazonで「イラッとしない思考術」を見る

関連記事

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket