そうじのきほんの「き」

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

写真 H.25-05-10 16 23 00
※今回この本の話はしません(笑)

 

 

愛しのサンカクファンの皆さんへ

 

どうもこんにちは、今週の金曜日担当、ミスターMK。

すいません、金子です。

 

今回、「掃除」をテーマにしてみます。

 

 

「素人の掃除話なんて聞いてもねぇ…」

 

その通り!

 

ただし、私は清掃会社の社長令息(笑)です。

母が会社社長です。自営業者です。

窓清掃からワックス塗り、剥離作業・・・。

素人ではありませんよ~。

 

 

まぁ今日は簡単な話をしましょう。

 

「拭く(ふく)」という事に関して。

 

掃除で「拭く」といえば

台拭きで物を拭くことですね。

 

誰でもできると思うかもしれませんが、

これが面白い事に、人によって差が簡単に生まれます。

 

 

まず、台拭きの絞り方が足りない場合が多い。

横にして絞っている人がいます。

cimg3552
※血管が浮き出て気持ち悪いですね。

 

しっかり絞りたいのなら、

台拭きは縦にして絞りましょう。

cimg3553
※ 血管が見えなくてよいです

 

なぜって、力の入り方が違います。

やってみてください(^^

 

そして、

 

1.なでればいいと思っている人。

2.力を入れて拭くのだが同じ面でずっと続ける人。

3.拭いた上で、面を変えて綺麗にしていく人。

 

拭くという行為のゴールは

拭いた後が綺麗になる事です。

 

拭いた後が綺麗になっていないのに

 

「拭きました」

 

と言ったらうちの社長に怒られます(笑)

 

 

そして、すぐに台拭きは洗いましょう。

そして、水を小まめに変えましょう。

 

テーブルの汚れは

テーブル→台拭き→水→排水溝

 

この経過で汚れが移動していくのですよ!

 

はい、まとめ~。

1.台拭きは固く絞る

2.力を入れてちゃんと”拭く”(撫でる禁止)

3.拭いた面は小まめに変える

4.バケツの水は小まめに変える。

 

これが、掃除のきほんの「き」です。

掃除して綺麗になると気分がいいですから

ちょっと頑張って部屋やオフィスを綺麗にしてください。

 

今回、会社のアルバイトさんを説教する母を見て書きました~(笑)

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket