大阪の「文紙MESSE」もいいけど長崎には「文具コレクション2013」があるじゃないか

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

IMG_4847 (480x640)
カフェで仕事しても経費にならないけど
コワーキングスペースで仕事すれば経費になるね。

こんにちは。先日、当たり前のことに気づいたカネコです。

前回のイベントに続いて今回も
長崎で開催された「文具コレクション2013」
というのレポートをします。

ネタがないわけではありません。たぶん。
長崎でも文房具熱が高まっていることを発信したいのです。

大阪では「文紙MESSE」という日本最大級のイベントがあります。
まだ行った事ないんですが、来年は行こうと思ってます。

文具コレクションは長崎で創業130周年を迎えた老舗
石丸文行堂が主催して昨年、第一回が開催されました。
最新の文具を見て、触って、楽しめるというコンセプトです。

石丸文行堂は文具朝活「文房具マルシェ」という企画もやっており
地方とはいえ、文具ファンにとって長崎侮りがたし!!

参加しているメーカーは
コクヨ、三菱鉛筆、ゼブラ、パイロット、キングジム、ぺんてる・・・
などなど30社。去年より増えました。

この会のいいところは長崎という
「一地方都市」で
文具メーカーの方とユーザーが接することができて
新製品を見て、即買うことができること。しかも20%OFFで。

私は去年、全部のメーカーさんとお話をして
本当に言いたかったこと。

「この文房具つくってくれてありがとう!」
と言って熱くお礼を言っていたらたくさん物がもらえました(笑

文具ファンとして、メーカーの方と直接話せると嬉しいです!
特に、この商品はどういう狙いでつくったのか?
この商品はどういう歴史があるのか?
なんか聞けるとテンションが上がります。

キングジムのPENMOの実物はあるけど、買うことが出来なかったのは残念だった。
IMG_4848 (480x640) IMG_4849 (480x640)
PILOTの万年筆「kakuno」が凄い人気ですぐに品薄になっていた。
写真 H.25-11-22 16 13 14 (640x480)
リヒトラブさんのメモ帳の改善ポイントを2年連続で伝えた。
簡単につくれるはずだからホントやってほしい。

そしてこういう場で感じるのは
商品の力は必要ですが

メーカーの方のプレゼン力

の差を感じます。

メーカー名は伏せますが、
「あんまり乗り気じゃないんだろうなぁ」
というメーカーの方のところには人が集まりません。

話をしても、通り一遍等のことを話したら
「さぁ次に行け」
オーラをだされると心苦しいです。

ユーザーと接するチャンスなので、
人と話すのが好きな人が来ることを切に望みます。

一番びっくりしたのは
「ニトムズの○○○○」
IMG_4850 (480x640)
なのですが、これは次回それだけで紹介するとしましょう。

それではまた次回!

関連記事

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket