文房具もデザイン性を求める時代だ!と思わせる三菱鉛筆のRT1

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

写真 H26-11-08 17 34 39 (640x480)

へーそう言えば1周年迎えてから半年休んでいるんだ。

どうも、最近好きなお菓子は「しるこサンド」のカネコです。
絶妙な塩加減がたまりません。

写真 H26-11-04 11 30 08 (480x640)

今後は初代「しるこまもる」を襲名するために、
しるこサンドをお湯で溶かして飲む事が年内のミッションです。

さて、ブログを半年休んだのには理由(いいわけ)があります。
東京では文具カフェとか文具イベントがしっかりある。
あー羨ましい。俺も行きたい。そう思います。

文具メーカーさんが商品をプレゼントしたりね。
いやいや、地方ではまだまだ難しいものです。

だから、地元長崎の文具好きの皆さんの交流する場所を
しっかりとしたものにしないといけないな。

と思ったり思わなかったり。

そのためにはどうすればいいのやら。
いや、本業のコワーキングスペースの経営をちゃんとやればいいじゃん。

desk4
というまぁ至極当たり前の結論に至りました。

最近は文具イベントをしっかり開催できていて一区切り。
今月も「手帳」テーマで開催します。

そこで、定期的ではなく不定期更新で復活しようと思います。
経営はまだまだ気が抜けませんので。
というわけで復帰一発目はやはり「ペン」
最近の常用ペンのひとつ。三菱鉛筆さんのユニボールシグノRT1です。

書き味は滑らか。書いた感じジェットストリームか?と思う程。
インクはゲルインクで滑らか。実に程よい。
写真 H26-11-08 17 43 00 (640x480)

とにかくデザインがカッコいい。
それ何?と聞かれると「シグノのRT1」だよ。と言うが。
前のやつ「RT」は知っていてもRT1はまだ知名度が低い。
というかユニボールシグノが有名すぎる。
写真 H26-11-08 17 34 25 (640x480) 写真 H26-11-08 17 35 51 (640x480)

「書き味が滑らかならデザインも滑らかにしようぜ!」

そんな開発者の声が聞こえてきそうな一本です。

ボールペンは機能美だけではなく、外見の美しさも求める人に最適な一本。

文房具はブームで相当に市民権も得てきました。
少し前、趣味は文房具というと

「は?」

と、言われたこともあります。
しかし、付加価値をつけようとする余り、
本来の価値を失っている商品も見かけます。

私は「日本の文具は初期のiPhone位の可能性を秘めている」
と本気で思っているので、
このユニボールシグノRT1の様な機能が高く、
デザイン性も求めているような製品を

是非「世界」に売っていってほしいなと思います。
エナージェルユーロと同じくらい好きです。

紹介文章が甘いのは勘弁!そのうち戻ります。

それではまたいつの日か~。

関連記事

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket