文房具を自分好みにカスタムする楽しさを教えてくれた、HI-TEC-C Coreto(ハイテックCコレト)

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

写真 H.25-08-28 10 33 13 (640x480)
およそ5年前、宅建の資格勉強をしていた頃

重要箇所→赤
過去問に出たことがある箇所→青
法令箇所→紫

とかケースわけしてペンの色を変えていました。
4色ボールペンだと色が気に入らないし、
たぶん替え芯とか無かった。

そんなときに文房具店にいったら面白いものを発見した。
そんなPILOTのcoreto(コレト)を紹介します。

 

 

カスタムできる楽しさ

自分の好きに多色ボールペンをつくれる
それがコレトの特徴です。

本体の太さ(2色、3色、4色、5色)

写真 H.25-08-28 10 32 14 (640x480)
2色というのは意味が無いので買っていませんが、
3色、4色、5色用の本体は買いました。
多ければ多いほど良さそうなものですが、
多くなるほど本体が太くなって使いづらいと思います。
私は4色がベストの太さです。

色の多彩さ(15色)

色を自分で選べることが最も特徴的です。
最初はベタに赤、黒、青、緑とか選んでいたのですが、
濃い色はおすすめしません。
少し明るい色のほうがパッと見た目で違いがわかるので
チェックに向いています。
私は
赤ではなくチェリーピンク
青ではなくクリアブルー
緑ではなくアップルグリーン
といった感じがおすすめです。
写真 H.25-08-28 12 50 44 (640x480)

ペン先の太さ(0.3、0.4、0.5)

これは微妙に思うでしょうが結構書き味が違います。
ジェットストリームのように滑らかではないので
滑らかさを狙うなら0.5
カリカリとした書き味を狙うなら0.3を選んでください。
中途半端な私は0.4がいい感じです。

ペンだけではない(シャープペン、タッチペン、消しゴム)

写真 H.25-08-28 12 49 48 (640x480)

多色ボールペンといいながらここまでやるのか?
というところがコレトのいいところです。
シャープペンもカスタム可
タッチペンもカスタム可(※ipadは不可)
消しゴムまでカスタム可

正直そこまでやらなくてもいいという感じではあるのですが
そこまでやっちゃった感がカスタム心をくすぐられます。
私はシャープペンユニットを搭載しています。

 

ボールペンの太さをカスタム可能なので
黒の0.3と0.5を同時搭載とか
2色本体でシャープペンと消しゴムを同時搭載して
非常に無意味なカスタムをしてみるとか
まぁカスタム心に火がつきます。

そして芯の各ユニット(替え芯とかのこと)の交換はラクラク。
写真 H.25-08-28 10 29 55 (640x480)

ただし
本体250円
芯100円
シャープペン180円
消しゴム280円
と合計するとまぁまぁお金かかりますのでご注意を。

明確に目的を持って購入することをおすすめします。
一本で全部そろうから楽ですよ。

それでは最後まで読んでくれてありがとうございました。

ハイテックCコレトをamazonで検索

関連記事

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket