いつから筆箱じゃなくてペンケースって呼ぶようになったのだろうか?コスパ最強ペンケース登場。

img_175032_3875811_23
こんにちは、小学生の頃は缶のペンケースを使っていました。
授業中に落として、その音で周囲を驚かせ、白い目でみられていました。

昔はドジでよく筆箱落としてました。
それなのに、今考えるとなんであんな筆箱つかっていたんだろうか・・・。

 

そんな私、当時は友達が持っていた「多機能筆箱」にあこがれました。

今思うとあの頃から
「意味が無い」
「無駄にでかい」
「値段が高い」

というステキな友達にプレゼントする
3つの基準を満たすものに憧れをもっていたのかもしれません。

そんな感じでプレゼントを探しに雑貨屋に入ると2時間は出てきません。

多機能筆箱にピンとこないかたは、
どんなものかはこちらで動画がみられます。

 

時は流れて平成25年。

ペンケースはどれがいいのかな?
と言う人にいつも薦めているのが、
私が愛用している「リヒトラボのペンケース」です。
写真 H.25-07-16 17 57 39 (480x640)

 

これがいいなぁーと思うところを3つほど紹介します。

このペンケースのいいところ1
「大容量で中身が見やすい」
写真 H.25-07-16 12 59 41 (480x640)

 

お気に入りのペンは沢山あって、どれも持ち歩きたい。
でも多いと中に何が入っているのか見つけづらい。
そんなアナタはこれをお試しください。

手でガバーっと広げられるから見やすい!!
写真 H.25-07-16 17 24 55 (480x640)
どの位容量があるのかというと

写真 H.25-07-16 12 54 01 (640x480)

見てください、これだけ中にはいるんです!
やっぱりリヒト、100本あってもだいじょーぶ!
って位はいります(誇張気味

 

このペンケースのいいところ2
「仕切りを変更可能」

ちっちゃなことなんですけれど、
中の仕切りがマジックテープで変更可能なんです。
写真 H.25-07-16 16 21 11 (640x480) 写真 H.25-07-16 16 22 14 (640x480)
写真 H.25-07-16 12 56 58 (480x640)写真 H.25-07-16 12 57 19 (480x640) 

だから削ったばかりの長い鉛筆も入れられるんです。
だから実はドライバーなんかも入れられるんです。
これは文房具じゃないけど・・・。

 

このペンケースのいいところ3
「ファスナーが凄くスムーズ」

これ最初驚きました。
一番の特徴だと思っています。
ただ、悲しいかな画像では伝えられない

毎回開け閉めする時にファスナーが硬いと
はっきり言って微妙なストレスです。

ただ、このペンケースは本当にスムーズ!
一度試しにファスナーの開け閉めだけでいいから
やってみてください(笑)

 

この素敵なペンケースはカラーバリエーションが
オレンジ、ライトグリーン、ブラウン、ブラックの4種類

そして「ブックタイプ
というものもありますので、
お好みに合わせて選んでください。
先日、文房具ブログを読んでくれた方が、

「ボールペンは何がいいんですか?」
ということを聞かれました。

これが嬉しいかもしれません。

ボールペンはメインで使う用途によって回答が違います。
そんな相談も受け付けていますので、
よかったらツナグバサンカクに来てね。

ネタ切れを楽しみに待っている友人の方、
ドラゴンボールの亀仙人のじっちゃんばりに、もうちょっとだけ続くんじゃ。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

関連記事

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket