ハッピーに過ごすヒント 第27回 反省は10秒で済ませ、今手を打とう

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket

 

0415

かつて、私が雑誌の編集長だったとき、締め切りが近づくと、「今回は間に合いそうにない。今回はこうだった、ああだった。次回からはきちんとしよう」などと、反省を始める人がいました。

こういう場合、私は「今は反省しなくていいから、とにかく間に合わせて」と言っていました。

締め切りが近づくと反省を始める人は、完璧主義者に多く、物事を白か黒か、勝ちか負けかの「二分法思考」でとらえがちです。

端的に言うと、テストで98点でも「100点取れないのは、0点と同じで価値がない」という考え方なのですが、同じ理屈で「締め切りに間に合わないなら、100と0で、0と同じ」と、やる気をなくし、「今回はこれ以上やっても無駄。捨てよう」と決めます。

そして、反省を始め、自己嫌悪に陥ったりします。

本人にとって「無駄な仕事」はやりたくなくても、しかし、仕事はなくならず、誰かがその穴をカバーせざるを得なくなり、困ります。

70でも80でも出してもらったほうがベター。少し遅れても、どうにか100出してもらったほうがよいのです。

そもそも期限まで若干の時間があるのだから、どうにか間に合うよう頑張る、知恵を絞り、一刻も早く手を打ったほうがよい。
もし、間に合わなくても、作業は完了させる。遅れる時間をなるべく短縮するよう努力すべきなのです。

けれども、この手の人は、反省(思考)に逃げて、手は打ちません(行動しない)。そして、反省に逃げることで、間に合うものも間に合わなくしている自分に気が付いていません。

その後、編集の仕事と関係なく、いろいろな人を観察していると、このような人は案外いると思いました。
力はあっても、追い込みに弱いと、形にならない。

「今度から(来月から、来週から)ちゃんとやろう」とよく思う人は、反省は10秒で済ませ、今手を打てることを考え、もっとジタバタしたほうがよいでしょう。

関連記事

Share on Facebook
email this
LINEで送る
Pocket